大阪万博ソ連館Osaka-EXPO-CCCP-Haykaアルバイト有志

expocccphk.exblog.jp

福島第一原発の現場はもはや限界に 近い 再び迫る危機

友人からメールをもらった。
福島原発事故は深刻でそれ以来、”東日本がおしまい”とか。”日本沈没”という悲観論がでている。
メールをくれた友人はそういう立場とは違うが事故からの脱却•ニホン復興を真剣に考えている方だ。
------------
福島原発事故関連の記事をみつけましたの
でご紹介します。今度のは、「福島第一原発の現場はもはや限界に
近い 再び迫る危機」という、現代ビジネスの記事です:

 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/2459

 最後は“決死隊”に頼らざるを得ないということのようです。
ロボットでは精密な作業はできないからでしょう。
 水素爆発の危険も以前、残されているようだし、「再臨界」、
あるいは核反応がすでにじわじわと始まっているという怖ろしい
状態になっているとの見方も紹介されています。

 まずは取り急ぎのご報告でした。では、また。 F.J. 拝
--------------------------
NHKのラジオの報をきいているとロボットもなかなか近づけない号基(機)があるという。
ますますこの現代ビジネスの記事は本当だと思う。
petが共食いになっているという福島原発20km圏内。
そらおそろしい。
[PR]
by expo-cccp-hayka | 2011-04-21 05:58 | 福島第一原発事故