大阪万博ソ連館Osaka-EXPO-CCCP-Haykaアルバイト有志

expocccphk.exblog.jp

イランが濃縮度20%?ウラン製造 革命記念日で大統領演説

濃縮度20%前後の可能性

濃縮に成功かというか、ぎりぎりのところの20%

実はやや数字を誇張した可能性

20%低濃縮では原爆はつくれない。

ぎりぎりの境界が20%。

あるいは、数字を低めに言って、原爆カードを伏せている可能性。

匂わせることであたらな外交カード ジョーカーを持っているとほのめかしたのだろう。

 最後の記事『首都テヘランでは政府主導の集会に合わせて数千人が反政府デモを実施、治安部隊と衝突した』とある。

 このことは次報を待ちたい。

以下Excite エキサイトご提供記事引用提示
=====================
Excite エキサイト : 国際ニュース
2010年2月11日 18時56分 ( 2010年2月11日 20時24分更新 )
イランが濃縮度20%ウラン製造 革命記念日で大統領演説
 11日、イランの首都テヘランで行われたイスラム革命から31年の記念日を祝う集会で演説するアハマディネジャド大統領(AP=共同) [ 写真拡大 ]

 【テヘラン共同】イランのアハマディネジャド大統領は11日、テヘランでの革命記念日集会で演説し、同国が9日に始めた新たなウラン濃縮作業で、濃縮度約20%のウランを製造したと述べた。大統領は演説で「われわれは濃縮度80%のウランでさえ製造可能」と技術力を誇示。一方、改革派のウェブサイトによると、首都テヘランでは政府主導の集会に合わせて数千人が反政府デモを実施、治安部隊と衝突した。



http://www.excite.co.jp/News/world/20100211/Kyodo_OT_CO2010021101000333.html
http://expocccphk.exblog.jp/12834773/
[PR]
by Expo-CCCP-Hayka | 2010-02-12 00:25 | Journal