大阪万博ソ連館Osaka-EXPO-CCCP-Haykaアルバイト有志

expocccphk.exblog.jp

酷い前部破損の交通事故:京都市バスが電柱に衝突 乗客ら8人がけが

記事に拠ると『臼井運転手は「交差点を右折しようとしていた対向車に気を取られた」』そうだ。

結構酷い前部破損だ。

スピードが大分ついて居たろうと思われる。

こういうケースでは神経と言うか感覚は同時に数箇所

(信号・標識・車・人やその他の対象物)把握できるのだろう。

集中していれば十分な動体認識を行い得る。

何か運転手を散漫にさせる要因が他にあったのでは?

知り合いとかちょろちょろ動くペット類かなにかを

認めて注目したか?

あるいは内面的には何か悩みがあったのでは?

以下Excite エキサイトご提供記事引用提示
=====================
010年1月25日 20時03分 ( 2010年1月25日 21時12分更新 )
<交通事故>京都市バスが電柱に衝突 乗客ら8人がけが

 25日午後4時20分ごろ、京都市中京区樋之口町の市道交差点(二条木屋町)で、銀閣寺発京都外大前行き京都市交通局の路線バス=臼井宗明運転手(37)=が交差点南西角の信号機付き電柱に衝突。バスの左前部が大破し、電柱は根元から折れた。この事故で、乗客12人のうち男性2人、女性5人が胸を打つなどして軽傷を負い、すぐそばの歩道を歩いていた女性(32)も割れたガラスで右こめかみを切る軽いけがをした。京都府警五条署は自動車運転過失傷害容疑で捜査している。

 同署によると、現場は三差路で、バスは片側1車線の二条通を西へ進んでいた。臼井運転手は「交差点を右折しようとしていた対向車に気を取られた」と話しているという。

 京都市交通局によると、臼井運転手は乗務歴10年。岡崎弘・交通局自動車部長は「心からおわびします。輸送の安全確保に全力で取り組みます」とのコメントを出した。

 現場は京都市役所の北東200メートルの鴨川西岸で、ホテルや商店などが建ち並ぶ地域。現場近くの工房で働く女性(31)は「車のクラクションが鳴った後、ドーンという音がした。地面が揺れるようだった」と話した。【古屋敷尚子、成田有佳】



http://www.excite.co.jp/News/society/20100125/20100126M40.052.html
http://expocccphk.exblog.jp/12725612/
[PR]
by Expo-CCCP-Hayka | 2010-01-26 07:57 | Journal