大阪万博ソ連館Osaka-EXPO-CCCP-Haykaアルバイト有志

expocccphk.exblog.jp

日曜は怖くないが水曜が怖い?

Excite エキサイト : 芸能ニュース

 水曜日は”魔の”水曜?

 多局の人気番組を分析して巻き返しを図るのが順当だろう。

 日曜日ではNHKの”坂の上を雲”を大幅に抜く

 高視聴率を稼いだボクシング中継もあったという。

以下Excite エキサイトご提供記事引用提示
=======================
2010年1月3日 11時00分
視聴率4位が定位置になったTBSが恐れる"魔の水曜日"とは?

 どの曜日も低視聴率化に拍車がかかっているTBSだが、特に水曜日はその傾向が顕著なのだという。昨年の11月から、TBS局内で水曜は"魔の水曜日"と呼ばれ、恐れられている。

「11月11日から12月16日まで、その"魔の水曜日"は続きました。なんと、終日の視聴率で10%を越える番組がひとつもなかったんですよ。1日中放送して、すべて一ケタだったんです。局内はもう、どうしようもない雰囲気でしたね」(TBS関係者)



12月23日の放送で、ようやく2番組が10%を越え、胸をなでおろしたTBS。だが、その2番組も映画『釣りバカ日誌19』と特番『プロ野球戦力外通告』。レギュラー放送ではいまだに一ケタが続いている。3月の改変を前に、BSに施策はあるのだろうか。

「正月は在宅率が高いため、視聴率がいつもより上がる傾向にありますが、レギュラー化が計算できる特番はTBSにはほぼないですね。視聴率の順位も4位が定位置になりつつある。広告不況の折に、営業も泣いていますよ」(前同)

 虎の子だった赤坂での不動産事業も効き目がないことは、09年の中間決算で赤字転落したことで明らか。3月改編後には、決算報告が待っている。2010年もTBSにとっては息の抜けない日が続きそうだ。
[PR]
by Expo-CCCP-Hayka | 2010-01-04 05:54 | 音文化と映像