大阪万博ソ連館Osaka-EXPO-CCCP-Haykaアルバイト有志

expocccphk.exblog.jp

1月1日の『アメーバブログ』のパスワード流出事件

不正アクセスの被害を確認!『アメーバブログ』のパスワード流出事件が警察沙汰に|Excite エキサイト : コラムニュース

不正アクセスは犯罪である。

警察は不正アクセス者を立件して挙げてほしい。

サイバーエージェントのアメーバブログは巨大だ。

有名人も結構いる。

そこへ不正アクセスは許されない。

厳重に取り締まってほしい。

アメーバブログは警察にどう貢献するのだろうか?

この失策をどうリカバリーするのかと

批判したい人は少なくないだろう。

以下Excite エキサイトご提供記事引用提示
=======================
2010年1月1日 21時39分
不正アクセスの被害を確認!『アメーバブログ』のパスワード流出事件が警察沙汰に

2010年1月1日の早朝に発生した『アメーバブログ』のパスワード流出事件。『アメーバブログ』でブログを執筆している芸能人たちのIDやパスワード、メールアドレスなどが流出した大規模な情報漏えい騒動だ。この件に関して、『アメーバブログ』を運営しているサイバーエージェントは不正アクセスの被害を確認したとして、警察に被害届を提出したという。サイバーエージェントが同日に発表したプレスリリースは以下の通り。



<Amebaオフィシャルブログ、不正アクセス被害について>
株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:藤田晋、東証マザーズ上場:証券コード4751)が運営する「Ameba」のオフィシャルブログにおいて、2010年1月1日未明、不正アクセスの被害を確認いたしました。また同時に、オフィシャルブログのID、パスワード約450件等を記述したエクセルファイルが外部に流出したことを確認しております。当社は、本不正アクセスに関して迅速に対応するため緊急対策チームを結成し、流出したパスワードを本日正午までに変更するなど、対応策を実施しております。また合わせて、渋谷警察署に被害状況の報告及び関連資料を提出しており、早急に流出経路含め、原因追究に努めてまいります。※サイバーエージェント公式サイトより転載

「不正アクセスの被害」という発言は、パスワードが漏れたことにより芸能人たちのブログに勝手にアクセスをした人たちがいたことを意味している。インターネット上の掲示板には「アクセスできた」という内容の書き込みをしている人が数人いた。「不正アクセスの被害を確認いたしました」というサイバーエージェントの発言もふまえて考えると、漏えいした芸能人のIDとパスワードを使用してブログに不正アクセスをした人がいたのは間違いないと思われる。

遊び半分でアクセスをしたとしても、警察は本気で不正アクセスの容疑で犯人を検挙・逮捕するものと思われ、大きな問題へと発展しそうだ。サイバーエージェントの沽券(こけん)にも関わることなので、サイバーエージェントも本気で犯人を追及していくだろう。また、単なる人為的なミスと思われていたパスワードの漏えいだが、「早急に流出経路含め、原因追究に努めてまいります」と発言していることから、第三者の意図的な行為で情報が漏えいした可能性もあるようだ。
[PR]
by Expo-CCCP-Hayka | 2010-01-02 07:06 | PC&Web