大阪万博ソ連館Osaka-EXPO-CCCP-Haykaアルバイト有志

expocccphk.exblog.jp

<地球温暖化>英の科学者に「根拠」データ操作疑惑

(2009年12月6日 21時23分)<地球温暖化>英の科学者に「根拠」データ操作疑惑|Excite エキサイト : 社会ニュース

 CO2排出が取引されるようにうなると数値が売りものに成る。

 詐欺・横領というか犯罪やごまかしが起きるのが人間の卑しき性がだろう。

 筆者は蚊が大きらいだ。

 かつて1000m級の山の頂きでは蚊はいなかったという。

 それが今や蚊が現れるらしい。

 米、魚沼産が旨いというが北海道で米が採れやすく、旨くなって来ている。

 モルジブほか島国で水際が上昇してきていて平地が減少、温暖化の悪影響だろう。

 たとえ数値のゴマかしがあっても

 地球の大気の温度を下げ、オゾン層の破壊を防ぐ必要はありそうだ。

以下Excite エキサイトご提供記事引用提示
============================
(2009年12月6日 21時23分)<地球温暖化>英の科学者に「根拠」データ操作疑惑
 地球温暖化の原因を人間活動であると誘導するため、科学者がデータを操作したとの疑惑が持ち上がっている。データは国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の報告書にも採用されており、7日に開幕する国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)への影響が懸念される事態にまで発展している。

 疑惑は先月、気象研究で著名な英イースト・アングリア大のコンピューターに何者かが侵入し、研究者がやりとりした96~09年の数千通の電子メールが公開されたことが発端となった。




 同大のフィル・ジョーンズ教授のメールに、1960年代からの気温低下を隠そうと、「『トリック』を終えた」との記述があったという。温暖化の懐疑論者は「データをゆがめた証拠」と指摘。今月には米下院でも取り上げられ、温暖化に懐疑的な共和党議員が「メールが本物であれば、気候変動に関する科学すべてに疑問が及ぶ」と主張した。

 ジョーンズ教授は声明で、自分で書いたメールとしながらも「文脈から切り離されている」と反論。大学は第三者による調査実施を表明、ジョーンズ教授は職務を離れることになった。IPCCは「報告書の結論は揺るがない」と見解を発表、対応に追われている。

 一連の騒動はニクソン米大統領が辞任するきっかけとなった「ウォーターゲート事件」をもじって「クライメート(気候)ゲート事件」と呼ばれている。COP15を前にした陰謀説もあるが、科学者の間では「温室効果ガスだけが原因と強調しすぎるのは問題」との声も絶えない。

 IPCCは07年、「20世紀後半の気温上昇は人間活動が原因である可能性は90%以上」などとする報告書をまとめ、各国に早急な温暖化対策を呼びかける引き金となった。【足立旬子、田中泰義】
[PR]
by Expo-CCCP-Hayka | 2009-12-07 02:57