大阪万博ソ連館Osaka-EXPO-CCCP-Haykaアルバイト有志

expocccphk.exblog.jp

首相(母子)聴取を見送りへ、東京地検 「上申書」打診を検討

2009年12月1日 23時33分 ( 2009年12月2日 00時40分更新 )首相聴取を見送りへ、東京地検 「上申書」打診を検討|Excite エキサイト : 社会ニュース

 母子とも健全ならいいのだが、

 子供手当て、夫手当てなど無償の愛に生きてこられた鳩山首相の母、

 見上げたものだ。

 祖父の故首相は某右翼からたっぷり資金供給をうけて自民党を立ち上げたという噂だが、

 鳩山首相は母から資金を受けて、民主党を立ち上げて、

 ついに政権奪取

 なかなかの母子。

 尊敬してしまう人は少なくない。

 事情聴取は検察もやりたくない。

 尊敬しているのだろう。

以下Excite エキサイトご提供記事引用提示
===============================
2009年12月1日 23時33分 ( 2009年12月2日 00時40分更新 )
首相聴取を見送りへ、東京地検 「上申書」打診を検討

 鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」の政治資金収支報告書虚偽記載問題で、東京地検特捜部は1日、首相本人に対する事情聴取を見送る方針を固めたもよう。鳩山首相はこれまで虚偽記載への関与を否定。特捜部は首相側の見解を示した上申書の提出を求める方向。特捜部は政治資金規正法違反(虚偽記載)の罪で、経理担当だった元公設第1秘書(59)=解任=を年内に在宅起訴する方針。9億提供の実母も聴取せず。
[PR]
by Expo-CCCP-Hayka | 2009-12-02 06:20 | 政治・経済・改革